未分類の記事一覧

ビジネス 営業営業という職種の評価にはいろいろありますね。
日本国内で営業というと、どちらかといえば、その他の専門職よりも
ステイタスが低い印象があります。

「営業にでもなるか」、「営業でもやらせておけ」、「営業ぐらいしかできないものなぁ」
などのつぶやきがよく聞こえます。

はたしてそんなものでしょうか。

そもそもこの印象は、次のような評価から来ています。

他に、たとえば技術的な職能、専門職たる経理などの資格を持たないから、
営業ぐらいしかやれることがない。

人と話すだけの連絡役(メッセンジャー)にすぎず、プライドなく、
下手に出て、客に媚を売る様が見栄えがよくない。

などでしょうか。
「営業の機能とは」の続きを読む »

未分類

ちょっと、息抜きしましょう。

どこかで、息子からの質問には容赦なく回答すると話しました。
それは自分の幼少時に、周囲の大人からは、教師も含め、
満足のいく質疑応答ができなかったからです。

少数や分数の基礎は完全にマスターしている小学生の息子ですが、
その彼に質問。

1/3って、0.3の循環小数なんだよね。
つまり、1/3=0.33333・・・・・(※循環小数を表すトップドット表示がでないのでこう書きます)
ここまでは、息子了解。

では、両辺に3を掛けるとどうなるか。
1/3x3=1、0.33333・・・・・x3=0.9999・・・・
1=0.9999・・・・

となり、息子困惑。
確か、中学との時、教師に質問したら、0.9という循環小数は1なんだよといい、
高校の教師は、1に限りなく近づく循環少数なので、極限値として1なんだよと
説明を受けたのを覚えています。

私は当時納得がいかなかったのですが、
その後、哲学をかじってからわかるようになりました。

要は、数学というは、物事を説明するに便利な道具なのだということ。
人間の理性から発した体系だけれども、
都度、そう考えた方が、都合がよい定義があるということ。

子供のころは数学が学者たちが発見した、
厳格な体系であると思いがちで、
理解できないと、能力云々がないとかあるとかいう話に
つながっていくものと考えられていたような気がします。
それは、数学のわからない大人の作った誤解だと後々わかりました。

1/3はひとつの塊を3つに分けたというしるしであり、
仮に少数で表現すると、0.3の循環となる。
両辺に3をかけて、0.9の循環は1と等しくなるということで、
なんら不都合を生まないのであるということ。

息子には、数学(まだ算数なんだけれど)の道具として役割を教えました。

その後、息子は無理数や虚数を学習するはずですが、
そう考えたり、そのように表したりすることが都合がよいということに
合意するでしょう。

そして数学自体の持つ理性と人間の理性を比較し、
ゲーデルの「不完全性定理」まで到達するかな。

物理なんてまさにその典型で、
それまでの体系飛躍の連続です。

それでよいとすべきであって、
その背後にある疑問を常に維持し、
次の確からしき理論を築き上げていくのが、
人間の歴史です。

それが弁証法の歴史さ、なんて一言では片づけたくないですが、
世の中には、対象を客観的に平等に観察せずに結論づける人たちが大勢います。

「面接」もそのひとつ、その墓に方法論がないので、
どうしようないところは「不確定性理論」に似ています。

面接はランダムサンプリングの要素による判断です。
全部をとらえることは不可能なので、しかたありません。

また、質疑応答という手段によってとらえられた事象です。
方法なくして対象はとらえられないので、これも仕方ありません。

仕方ないという方法以外に存在しないということは、
面接=それ以外にない完全な方法
と言わざるを得ないかもしれません。

自信のある方は、できる限り客観的に正しく
試験官に把握いただくようご努力を!

哲学, 未分類, 科学

香港での起業は比較的簡単であるという話をしましたが、
では、実際に企業が進出している国としては、そのランク付けは
どうなっているのでしょうか。

東洋経済『海外進出企業総覧』によれば、
2013年の速報までわかるのですが、TOP-10は次の通りです。

中国
インドネシア
インド
ベトナム
メキシコ
韓国
タイ
アメリカ
香港
台湾

またその前の2012年は、

中国
インドネシア
タイ
アメリカ
ベトナム
インド
シンガポール
韓国
香港
マレーシア
メキシコ

やはり、中国が一番ですね。
インドネシアも伸びてきています。
この1年間で、差が出ていますが、
やはり、インドネシア、ベトナム、タイは強いですね。
日経企業が進出する国として、中国以外には、
この中でもタイが一番人気がありました。
ちなみに2007年のランクですと次の通り。

中国
アメリカ
タイ
インド
ベトナム
韓国
香港
イギリス
オランダ
メキシコ

実はタイは、アジアの国では稀なことですが、
外国に占領された歴史がありません。
そのため、英語文化には晩生です。

英語が通じにくいにもかかわらず、
宗教的観点もありまじめで従順な国民性から
生産性を上げやすいという利点があったようです。

コスト安の観点から、近年では日系企業の中国進出が盛んでしたが、
今はもう、極端に言えば10年間で10倍ぐらいの作業者コストになり、
「コスト安」はもう過去の話。

そこで、タイ、インドネシアが浮上しています。

以上は、企業誘致的観点からの話。
個人起業としてどうかというと、
香港に継ぐ国は、上表には出てきませんが、
「マレーシア」ではないかと考えます。
マレーシアには次のような利点があります。

・英語が通じる
・天候が穏やか
・IT産業には優遇制度がある
・比較的安全である
・親日的

会計会社さえ選べば、この国も香港同様、
安価な手数料と資本で会社が作れます。
銀行口座開設時にはVisaが要りますが、
一旦開設してしまえば、以降Visaの提示の必要性はありません。




ビジネス, 未分類