海外でも納豆は手に入ります。もちろん日本からの輸入品です。

ですので、マレーシアでは3つ1パックで300円弱の価格。高いです。ヨーカドーやジャスコの3倍ぐらいの値段かな!でも買わないわけにはいきません。

一番売れている、というよりこれしかないという方が正しいので、この納豆を買います。

おかめ納豆

言わずと知れたおかめ納豆です。

このほかにも売られてているブランドはあるのですが、結局、テイストの点で、これになってしまいます。でも品質保持のため、冷凍で売られているので自然解凍しても、日本で買う同じものの味とは違います。

めったに帰らない日本に帰国したら、納豆を買いこみ、持ち帰ります。その時の味は短い間しか味わえませんが、仕方がありません。

実は最近知ったのですが、このブランドを越えるものを見つけました。いきなりここで比較論はまずいし、お世話になっているこのブランドに申し訳ないので、また別の機会にそれとなく紹介します。

なんといっても納豆はパワー食材であり、最近「ケンミンショー」でも、スタミナ納豆として紹介されました。「スタミナ納豆」なるメニューは、鳥取だけのものではなくいたるところで、内容は異なれども愛されてきたメニューです。基本はねばねばしたものを合わせるという思想。基本的材料は、納豆、オクラ、山芋、生卵でしょうか。