宇宙の記事一覧

ニュートリノの研究でノーベル賞受賞が世間をにぎわしています。ニュートリノに質量があったということ。先立つこと2011年9月、この粒子が光速より速い速度で運動するという実験結果が提出されました。光より9174m/s速いという結論。

しかしこれはその後否定され、光速より遅いということに落ち着いています。しかし、依然として光速に近い速さとは考えられています。

相対論によれば、質量をもつものが光速を超える運動できないことになっています。相対質量が無限大となり、運動が停止するからです。
「ニュートリノは超光速粒子だったのか」の続きを読む »

宇宙, 科学

この記事は、自由から逃げずに済む方法の続編かもしれません。人間と他の存在との違いは何かなんですが、厳密な証明方法を思いつかないけれど、ものを作り出すことと、ものを認識することなのではないかと思うのです。人間以外にそれができるであろう存在については、よくわかりません。直観的ですが、他の生物には出来そうもないと思うのです。

宇宙自体はというと、あらゆる天体が動いています。なんらかの法則に従っているし、構成要素は鉱物なのにもかかわらず、宇宙全体としては生き物のようです。生物の特徴は、個体保存と種の保存です。身近に見る動植物たちと宇宙自体の生き様は、同じとは言い難いですが、宇宙に正気する変化は、「生きている」と言わざるを得ない印象を受けます。
「人間は小宇宙か?」の続きを読む »

宇宙

突然ですが、非日常的な環境に足を踏み入れると考えたら、どのような環境を思い浮かべますか。
行ったことのある場所は、非日常ではない。

外国も私自身、いろいろ行ったので、もうあまり斬新さはない。もちろん、言ったことのない国は面白うそうだし、
もっと行ってみたいともうけれd。非日常的とは言えない。

となると、行ける行けないは別として、やはり宇宙しかない。

アポロの宇宙飛行士も、だれもが、「意識が変わる」と言っていたし、やはり非日常的な場所は、宇宙しかない。
情報としてしか、他の天体の話は伝わってこないし、どの情報も常に変わりうるし、やはり、いかないと本当のところはわからない。
行けば、確実に意識が変わると思う。人間は行った場所の範囲まで、意識が変わる(拡大する)と思います。
これは外国に行ったときに経験したこと。

月に足を踏み入れれば、「やはりこんな場所もあったのか」というだけで意識が変わると思うし、
「地球の出」なんか見た日には、体内で大変なことが起こるに違いないと思います。
「小宇宙と大宇宙、冥王星に想う」の続きを読む »

宇宙