海外に住んでいるということは、もちろん現地の銀行に口座を持っているということになります。

今までに使ったことのある銀行にはドイツバンク、中国銀行、HSBC銀行、CitiBank、Maybankなどがあります。だいたい、現地の就労Visaが無いと、口座を開けないのが通常の規定なのですが、中国や香港にはそうでない銀行も多いですね。

代表的なのが、HSBCで、本拠地、香港の場合は、パスポートだけで、旅行者として開くことができます。最近では、口座を開くマニュアルなどもあります。

日本に居て海外の銀行に口座を持つということは、外貨だけでの取引で、貯蓄することができること、為替レート変動にとらわれずに貯蓄できるなどの利点があります。海外旅行の際、その時のレート次第で、円がいいか外貨がいいか使い分けられます。

もちろん、海外の主要銀行の際、パソコン操作だけで、株の売買やFXもできますね。