最近、海外で起業したい人は少なくないですね。
企業の派遣でも、この10数年間、
海外子会社立ち上げに貢献された人たちも多かったはずです。

たとえば近いところで、為替レートの変動が激しい経済環境下で、
外貨で入金できる販売ソースを持つことは、
利益の安全対策として重要です。

たとえば現在、円と米ドルのレートは、125円から126円になるかならないかという状況です。
私の知る限り、2010年ごろには90円程度でした。
それからじりじりと円は下落し、
2014年11月にはとうとう110円。

それから加速度的に落ちて、今では軽く120円を割り、125円。

これが円安です。
政府の政策とかで、確かにこの影響で、利益急上昇の企業があります。
国内の円コストで生産し、海外に販売している会社は大儲けです。
海外からの観光客にも大変お得な状況となっています

もちろん、この逆に多大な不利益を被る会社も当たり前に存在します。
日本円しかもたないで長期に海外に居たら大損です。

とにかく円レートの変動は、生活に大きな影響をもたらします。
国内だけならあまり感じないかもしれませんが、
輸入品の価格はじわじわと変動していきます。
外食産業も影響を受けます。

たとえば、1ドル90円の時に、1万ドル両替しておいたとします。
わかりやすくするために両替手数料を省略して考えますと、
その時支払った金額は、90万円。

この1万ドルを今、ドルに両替すると
125万円になります。

何もしないで、寝かせておいただけで、
35万円儲かるのです。

逆だったら・・・、青ざめてしまいますね。

これほどの影響力のある為替レート。

海外に収入源を持てれば、
バランスが取れますね。

そういうわけで、収入源がUSドルだったら、
円安の時は、効果的です。

レートが逆に転じて、円高が再来しても、収入源が二つあれば、
うまく回せます。

だから、副業として、ネットビジネスなどで、
外貨の収入元を持つことをお勧めします。

もちろん、リアルビジネスでもお勧めです。