科学の記事一覧

EPA・DHAは、どちらもいわし・さばなどの青魚に豊富に含まれる成分です。近年、生活習慣病予防などに役立つ健康成分として注目されています。

EPA・DHAは、脂肪酸ですが、その中でも体内で合成することができないため、外部から取り入れる必要があるので「必須脂肪酸」に分類されています。

脂肪酸は「油脂」を構成する要素のひとつです。「油脂」と聞くと、「肥満」「メタボリック症候群」などのあまりよくないイメージがありますね。しかし、油脂の中の脂肪酸は体の中で体調を整える等の働きをしており、健康のためにバランス良く摂ることが必要です。

脂肪酸はその組成により「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」の2つに分類できます。「不飽和脂肪酸」はさらに「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類できます。「多価不飽和脂肪酸」には2系統あり、それぞれn-3系、n-6系と分類されています。食品の成分表記では、別称、オメガ=ωで表現することもあり、「ω-3」、「ω-6」ともいいます。私たち人間は、この「多価不飽和脂肪酸」を体内で合成することができませんので、食物などから摂取する必要があります。つまりこれが「必須脂肪酸」です。
「EPA・DHAサプリとその効果について」の続きを読む »

科学, 食文化