EPA・DHAは、どちらもいわし・さばなどの青魚に豊富に含まれる成分です。近年、生活習慣病予防などに役立つ健康成分として注目されています。

EPA・DHAは、脂肪酸ですが、その中でも体内で合成することができないため、外部から取り入れる必要があるので「必須脂肪酸」に分類されています。

脂肪酸は「油脂」を構成する要素のひとつです。「油脂」と聞くと、「肥満」「メタボリック症候群」などのあまりよくないイメージがありますね。しかし、油脂の中の脂肪酸は体の中で体調を整える等の働きをしており、健康のためにバランス良く摂ることが必要です。

脂肪酸はその組成により「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」の2つに分類できます。「不飽和脂肪酸」はさらに「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類できます。「多価不飽和脂肪酸」には2系統あり、それぞれn-3系、n-6系と分類されています。食品の成分表記では、別称、オメガ=ωで表現することもあり、「ω-3」、「ω-6」ともいいます。私たち人間は、この「多価不飽和脂肪酸」を体内で合成することができませんので、食物などから摂取する必要があります。つまりこれが「必須脂肪酸」です。

Sponsored Link

EPAやDHAはこの「ω-3系多価不飽和脂肪酸」(ω-3系脂肪酸)のひとつで、特に青魚に多く含まれています。

不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸に比べて融点が低く、常温でも固まりにくい性質を持っています。ですから、不飽和脂肪酸を多く含む魚は、冷たい水中でも暮でるのです。

必須脂肪酸は、からだのなかの代謝過程ではたらいています。そのため、不足したりバランスが崩れると、体調を崩す原因となるとも考えられており、必要量を補う必要があります。

ω-3脂肪酸は、α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)です。

EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略称です。
いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつです。

EPAには、次のような摂取効果があります。

血液サラサラ
血管しなやか
持久力
抗炎症
抗アレルギー効果
精神安定効果
眼精疲労抑制効果
肌の潤い効果

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略称です。
EPAと同じく青魚、まぐろやかつおに多く含まれるω-3系脂肪酸です。

ヒトの脳や網膜のリン脂質の主要な成分となっています。

DHAは、脳や神経組織の発育・機能維持に不可欠な成分であり、DHAを摂取することにより、脳がスムーズに情報伝達を行えるという効果があるといわれています。また、精神の安定に関わる研究も進められています。

DHAの摂取により、次のような効果が期待できます。

血中の中性脂肪(トリグリセライド)量を減少させ、心臓病の危険を低減する
アルツハイマー型痴呆の予防や改善
うつ病予防改善
赤ちゃんの発達
網膜、視神経を正常に保つ

もうひとつの必須脂肪酸であるω-6脂肪酸は、ベニバナ油、グレープシードオイル、ヒマワリ油、コーン油、大豆油、ゴマ油などの食品に多く含まれています。

効果は、アレルギー緩和、中性脂肪抑制、生活習慣行(糖尿病、脳卒中、脂質異常症、心臓病、高血圧、肥満)予防。

実は、ω-3系とω-6系には、守るべき摂取バランスがあります。
だいたい、1:1~1:4が良いとされ、魚の摂取量の多い古来からの日本食は、このバランスになっていると言われています。一方、西洋系の食事の多くは、1:10~1:40になっているといわれ、これは調理にω-6の多い植物油が使われていたからだそうです。

さて、それでは、一時健康法で有名になったオリーブオイルはどうなのでしょう。実はオリーブオイルの成分は必須脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸野中の一価不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸です。

オレイン酸ともよばれる脂肪酸が主成分。これはヒトが体内で作り出すことができるので、多く摂取する必要はありません。

分類上、オレイン酸はω-9系列に分類される不飽和脂肪酸です。皆、オメガ(ω)なので、紛らわしいですね。
食品の成分表示を見るときは注意しましょう。

ただ、オリーブオイルの名誉のために、解説しておきます。

ω-9系脂肪酸は、血液中の悪玉コレステロールを除いて動脈硬化や心臓病、高血圧の予防に効果があるとされています。また、胃酸の分泌をコントロールして胃酸過多や胃潰瘍を防ぐ、腸を滑らかにして便秘の予防や解消に役立つ、放射線の害を防ぐなどの効果も認められています。

体内でも合成されますが、動脈硬化予防などに著しい効果を発揮することがわかり、食品からの摂取にも目が向けられています。ですが、過剰摂取はエネルギー過剰になり肥満を招くので注意が必要です。

ω-9系脂肪酸はナッツ、植物油を始め、脂質の多い食品のほとんどに含まれていますが、特に顕著に含まれるのはオリーブオイルです。含有率の高い油は酸化されにくいため、加熱処理にも安心して使えます。

つい青魚系の食事から縁遠くなっていたら、こういうのを摂って補うと良いかもしれません。

肉食系の海外に行く時よりかも⇒EPA・DHAサプリ

ドリンクタイプのサプリは忙しい人に便利⇒イマーク

EPA・DHA・そしてオメガ3も一緒に⇒青魚サプリ



ブログランキング・にほんブログ村へ