サンジェルマンちょっと休憩目的の記事です。みなさんはサン・ジェルマン伯爵はご存知ですか。そう、タイムトラベラーではないかと疑われた人物で、その手の話が大好きのファンには興味の的。

彼にはさまざまな噂がつきまとっていましたが、生前に敢えてそれを否定しなかった為、稀に見る特異な人物として歴史に名を残すことになっています。彼が人類普遍の夢である不死の象徴として語られることも、こうした伝説の流布を助長したと考えられます。以下はそうした伝承の代表的なもの。

Sponsored Link


彼は宝石を散りばめた衣装をまとい、丸薬とパンと麦しか口にしませんでした。その時代のものは体に合わないとでも言わんばかりに。ギリシア語、ラテン語、サンスクリット語、アラビア語、中国語に加えて仏・独・英・伊・葡・西の各国語を話したといわれます。身なりに気を使い、クラヴサンとヴァイオリンの名手であり、作曲もこなしたとも。

また化学と錬金術に精通しており、ついには不死を可能にする著作をものしたともいわれます。

また、カリオストロが所有していたとされる実在の18世紀の秘伝書『La Très Sante Trinosophie』の著者であるといわれますが、確たる証拠はなく、しばしば反論の対象となっています。また貴石・宝石の類いにも非常な関心を持って多くを所有していたといわれ、ダイヤモンドの傷を消す秘法を身につけていたとされています。

前世の記憶とそれに関連する知識もあります、あるいは、常軌を逸した長寿をもたらす秘薬を持ち、その結果2000年とも4000年ともいう驚異的な記憶を有していたといわれます。

カナの婚礼やバビロンの宮廷を巡る陰謀などを語ることができたといわれています。哲学者ヴォルテールは1760年4月15日のフリードリヒ2世に宛てた書簡で、サン・ジェルマンについて「決して死ぬことがなく、すべてを知っている人物」であると書き、フリードリヒ2世も彼を「死ぬことのできない人間」と記している。ニコラ・シャンフォール (Nicolas Chamfort) によれば、サン・ジェルマンの使用人に「あなたの主人は本当に2000歳なのですか」と問うたところ、彼は「それはお教えすることができません。わたしはたった300年しかお仕えしていないのですから」と答えたといいます。

私は子供のころ、次の出現日を予告したというような記事を何かの雑誌で読んだ記憶があったのですが、残念ながら失念してしまいました。
最近の記事で、宇宙飛行士が何故かチベットで「サンジェルマン」と名乗りしかも中世の出で立ちの男に会ったという記述を読みました。

チベットというのが興味深いです、というのは、ヒマラヤ聖者の研究家によれば、サンジェルマンは聖者の一人なのだそうです。そして、あのイエスキリストもその1人だそうで、より高い存在力を持つための修行者の一人なのだそうです。

この辺になると、今の私には判断しきれない話ですが、もし、サンジェルマン氏に合うことがあったら、いろいろな歴史の謎の真相を聞きたいですね。なにせ、今の科学では、過去にはいけないということになっているので。

そうキリストの言動、釈迦の説法、あらゆる古代文明の消滅の謎、人類の歴史の周期性など。そんな話を聞きたいですね。