ビジネス01再就職を進めるためには、どうするか。特に高齢者のケースを考えてみましょう。いろいろな手段があります。まずコネを使う。今まで仕事してきて知り合った人たちに動いていただく。自信のある人は、ヘッドハンターに申し込む。日本にいるなら、特に主要都市に居るなら、いろいろな手段が使えそうです。定期的にやっているリクルート説明会に行くのもよいでしょう。
ちなみに私は1回目の転職は、新宿で催されたリクルート説明会い出向き、決めました。
今の仕事が忙しく、昼間、転職活動が難しい人には、転職支援会社を使うのも良い手です。

各社特徴がありますが、このブログで紹介するのは、やはりシニア向けなので、次の3つになるでしょうか。

一つ目は、ビズリーチ
この転職サイトは、珍しい有料サイトです。基本、約5000円ですが、契約期間が長いと、割安になります。
また、利用者になるには現職の年収制限があり、750万円が入会条件です。
ということで、これはシニアクラスで、しかもトップマネジメントの経験者向けです。

Sponsored Link

次に、これも経験者向けですが、マイナビ転職エージェントサーチを、紹介しておきます。これは、ややシニアや有資格者向けで、一般には、同じ会社で運営しているマイナビ転職があります。

3つめは、エン転職コンサルタント ハイクラス事務局。エン・ジャパン株式会社というリクルート会社が運営しています。このハイクラス以外にも一般若年層向けのサイトもあります。

このようなネットを使った場合、注意すべきは、積極的に採用検討願うべく、
働きかけることです。スカウト機能もありますが、シニアの場合は、
やはり同じ有資格者同士で競うことになるので、自己アピールが重要です。

それから、年齢制限には注意しなければなりません。
年齢フィルターで、予め対象とならない求人案内を制限してほしいのですが、
何等かの理由で、各社、それはできないとのことです。

尚、海外に居る場合など、申し出れば、スカイプ映像面接などにも、
対応してもらえます。