科学の記事一覧

車04化石燃料とは、石炭、石油などのことですね。

中でも、ガソリンは車の燃料なので、天然資源としては、もっとも重用されているといえます。
年初、1リッター、130円程度かと思ったら140円に迫る勢いです。
為替レートに連動しているのかと思いきや、
もっと複雑なようです。

過去には安い時は70円レベル、高い時は150円というのもありました。

昨年まで私が居た、南アジアの国では、10年間で、45-75円ぐらいで、日本よりは常に安く、
レート変動にもよりますが、平均で半額ぐらいです。

でも物価は平均で日本の3分の一なので、アジアの人たちは苦労して車に乗っています。

近代の歴史上、車社会が確立してからというもの、産油国が富を得るという仕組みができています。
産油国はいわゆるアラブ諸国と重なります。一方で、言わずと知れた米国は、
世界のTOPに君臨したいため、このアラブ諸国の繁栄が気に入りません。
「化石燃料と代替燃料」の続きを読む »

世界平和, 海外, 科学

説明のつかない効果、あるいは結末。

何が作用してうまくいったのかまったくわからない解決。

そんなことは稀ですが、長く生きていると、そういうことも経験します。
いくら祈っても結果が出なかったのに、窮地に陥り、祈る事も忘れ途方に暮れていたら、
ある瞬間、あっさりと解決してしまうというような奇跡。

もちろん頻度は多くありませんが、そんな経験があります。

たとえば、スイスの山で雪渓から滑り落ち、
下は千尋の谷、もうおしまいかと思った時。

思い切り、右手を雪の壁に差し込んだら、
ちょうど体を支えるのにちょうどよい深さで腕が刺さり、
滑るのがとまり、ゆっくりと雪の壁に穴をあけながら、両手で登りあがって、
九死に一生を得たことがあります。

単なる偶然か?そうかもしれませんが、
助かった私は、そうは思えません。
「現実は、小説より奇なり。50代後半でなぜ再就職できたのか」の続きを読む »

ビジネス, 哲学, 宇宙, 科学

ちょっと、息抜きしましょう。

どこかで、息子からの質問には容赦なく回答すると話しました。
それは自分の幼少時に、周囲の大人からは、教師も含め、
満足のいく質疑応答ができなかったからです。

少数や分数の基礎は完全にマスターしている小学生の息子ですが、
その彼に質問。

1/3って、0.3の循環小数なんだよね。
つまり、1/3=0.33333・・・・・(※循環小数を表すトップドット表示がでないのでこう書きます)
ここまでは、息子了解。

では、両辺に3を掛けるとどうなるか。
1/3x3=1、0.33333・・・・・x3=0.9999・・・・
1=0.9999・・・・

となり、息子困惑。
確か、中学との時、教師に質問したら、0.9という循環小数は1なんだよといい、
高校の教師は、1に限りなく近づく循環少数なので、極限値として1なんだよと
説明を受けたのを覚えています。

私は当時納得がいかなかったのですが、
その後、哲学をかじってからわかるようになりました。

要は、数学というは、物事を説明するに便利な道具なのだということ。
人間の理性から発した体系だけれども、
都度、そう考えた方が、都合がよい定義があるということ。

子供のころは数学が学者たちが発見した、
厳格な体系であると思いがちで、
理解できないと、能力云々がないとかあるとかいう話に
つながっていくものと考えられていたような気がします。
それは、数学のわからない大人の作った誤解だと後々わかりました。

1/3はひとつの塊を3つに分けたというしるしであり、
仮に少数で表現すると、0.3の循環となる。
両辺に3をかけて、0.9の循環は1と等しくなるということで、
なんら不都合を生まないのであるということ。

息子には、数学(まだ算数なんだけれど)の道具として役割を教えました。

その後、息子は無理数や虚数を学習するはずですが、
そう考えたり、そのように表したりすることが都合がよいということに
合意するでしょう。

そして数学自体の持つ理性と人間の理性を比較し、
ゲーデルの「不完全性定理」まで到達するかな。

物理なんてまさにその典型で、
それまでの体系飛躍の連続です。

それでよいとすべきであって、
その背後にある疑問を常に維持し、
次の確からしき理論を築き上げていくのが、
人間の歴史です。

それが弁証法の歴史さ、なんて一言では片づけたくないですが、
世の中には、対象を客観的に平等に観察せずに結論づける人たちが大勢います。

「面接」もそのひとつ、その墓に方法論がないので、
どうしようないところは「不確定性理論」に似ています。

面接はランダムサンプリングの要素による判断です。
全部をとらえることは不可能なので、しかたありません。

また、質疑応答という手段によってとらえられた事象です。
方法なくして対象はとらえられないので、これも仕方ありません。

仕方ないという方法以外に存在しないということは、
面接=それ以外にない完全な方法
と言わざるを得ないかもしれません。

自信のある方は、できる限り客観的に正しく
試験官に把握いただくようご努力を!

哲学, 未分類, 科学