良い仕事をするには健康管理が必要です。

とにかく、長いサラリーマン生活にはいろいろありますので。
精神的にも、肉体的にもケアが必要です。

ちょっと話が飛びますが、難しい経典はまだまだ分かりませんが、
仏教の祖、釈迦の教えで、一番わかりやすい考え方に、「中道」があります。

一言でいえば、「やりすぎず、やらなすぎず」だと思います。

若いうちはいろいろと色気があり、やりたいことがたくさんあります。
ついやりすぎてしまいます。たとえばわかりやすいところでは、「飲みすぎ」。

二日酔いすれば「もう2度と飲むまい」と思います。
誰にでもその経験があるはず。

Sponsored Link

でも誰もそんなことは実行できず、まだ飲んでしまいます。

私はそれでいいと考えます。

ただ、徐々にやりすぎないようにすることが重要です。

また、逆に、体質的に全く酒を受け付けない人は別として、
何か打ち合わせの席で、「私は飲みません。」を
貫き通すのはいかがなものでしょうか。

テーマとしては質が低い例なのかもしれませんが、
「酒」というのは、人と人をつなぐ潤滑剤の役割があります。

その考えには多くの人が異論を唱えるかもしれませんが、
私はサラリーマンである限り、私の価値観ではそう思います。

もちろん、決して、「酒」を奨励はしていません。

自分自身、比較的、人より飲める量が多かったからかもしれませんが、
「中道」を守った「酒」により、仕事に貢献できたと思います。

健康を左右するものとして「食事」は、最も大きなファクター。
私自身、これも自慢できませんが、かつて「大食い」でした。
ただ、苦しいのに無理をするわけではなく、楽しんでたくさん食べてしまい、
それでもお腹の皮膚をつねって持ち上げられないほど、痩せていました。
だから、時々「フードファイト」なるTV番組を見ますが、食べる量は、
体系に関係がないことがわかります。ただ、苦しんで食べることは、
「やりすぎ」なので、「中道」に反しています。

ここに挙げた、いわゆる「物理的」な健康管理法は、
たったの2要素ですが、「中道」を守り、行き過ぎたら、戻るを繰り返していくうちに
年を重ね、飲みすぎたら、経験したくない苦しみを知り自然に大酒は飲まないようになり、
食べ過ぎたら、苦しくなり、自然に食べ過ぎは控えるようになります。

「健康法」として一部の人たちに人気のある「健康法 1日 一食」なんてのも、
「やらなすぎ」の感があります。食事は一日3回楽しむのが自然でしょう。

そして、健康が維持できるようになります。

最後にひとつ、ここで挙げた「中道」には呪縛されてはいけません。
なにかにとらわれる、「そうでなければいけないんだ」という考えは、
ストレスを生みます。

だから、「中道」をやりすぎず、やらなすぎずと考えて、
時に羽目を外しても構わないと思います。
それが人間であり、自然です。

中島敦の「名人伝」ではありませんが、
用いた手段は身に着いたら、それから離れてみるのも大切なことです。

次は精神面の健康管理を考察してみます。