突然ですが、非日常的な環境に足を踏み入れると考えたら、どのような環境を思い浮かべますか。
行ったことのある場所は、非日常ではない。

外国も私自身、いろいろ行ったので、もうあまり斬新さはない。もちろん、言ったことのない国は面白うそうだし、
もっと行ってみたいともうけれd。非日常的とは言えない。

となると、行ける行けないは別として、やはり宇宙しかない。

アポロの宇宙飛行士も、だれもが、「意識が変わる」と言っていたし、やはり非日常的な場所は、宇宙しかない。
情報としてしか、他の天体の話は伝わってこないし、どの情報も常に変わりうるし、やはり、いかないと本当のところはわからない。
行けば、確実に意識が変わると思う。人間は行った場所の範囲まで、意識が変わる(拡大する)と思います。
これは外国に行ったときに経験したこと。

月に足を踏み入れれば、「やはりこんな場所もあったのか」というだけで意識が変わると思うし、
「地球の出」なんか見た日には、体内で大変なことが起こるに違いないと思います。
「小宇宙と大宇宙、冥王星に想う」の続きを読む »

宇宙

どうやら、かなりの人たちが、もし自由を手に入れても、それを使い切ることができないらしいということ。これを前の記事で確認しました。

せっかくの自由です。もったいない。また自分から縛られに行くなんて。

今、不自由を感じている人には信じられないでしょう。でもどうやら事実です。

ならば、どうすれば自由を使い切れるかでしょうか。現在、不自由なのにとても想像できないかもしれません。でも自由を勝ち得た時に、それに乗れなければ、また失い逆戻りです。今から準備が必要です。

対策としては、自由を勝ち得た時の条件を持続させること。
「自由から逃げずに済む方法」の続きを読む »

ビジネス, 哲学, 宇宙

自由がない、ということで不満がある人はたくさんいるはずです。
組織に属している人で、そのような不満は少なからずいるはず。

組織がたとえば会社の場合、中には、大満足でなんの不満もない人もいるでしょうけれど、おそらく稀です。

「給料が安い」、「残業が多い」、「任せられる仕事が面白くない」、「これがいやだ」、「あれがいやだ」。
こんな意見が多いんじゃないかな。

「中には、基本的には、満足だけど・・・・」とか「世間で一般的にはこんなもんじゃないかな。ましな方だ」
とか言えるのは、本当にましな方。

「今のところに居たのでは、お先真っ暗だ。なんとかしなくては」という深刻な人も、今この不況なので多いでしょう。
「自由から逃げるって何?」の続きを読む »

未分類